【新型コロナ】変異株対策で検査数をさらに増やす方針(静岡県)

【新型コロナ】変異株対策で検査数をさらに増やす方針(静岡県)

2月9日、変異ウイルスの感染者が新たに3人確認されたことをうけ、県では検査する検体数をさらに増やすとしています。

 県によりますと、直近1週間の人口10万あたりの感染者は3.6人となり、2021年に入ってから初めて4人を下回りました。また、県は9日に変異ウイルスの感染者が3人確認されたことを受け、より多くの検査を進めるため、県や政令市だけではなく病院や民間会社で検査した検体なども募っているということです。
<県疾病対策課 後藤幹生課長>「県外の施設で感染が明らか。県外から持ち込まれることしかない。他の都道府県で市中感染が続いているところに行く場合はより一層の対策して、県内に持ち込まないでほしい」
#オレンジ6 2月10日放送

もふもふ不動産カテゴリの最新記事